HOME>info>給与計算システムを導入して効率よく作業しよう

給与計算システムを導入して効率よく作業しよう

PCを操作する人

業務の効率化を目指すために

業務の効率化を目指して、近年では便利なものも多数登場してきています。新たな仕組みを取り入れるのは、会社にとっても従業員にとっても負担が重く感じられるかもしれません。しかしまずは最初の一歩を踏み出すことで、その後の業務を楽に進めていける可能性もあります。特に軽減税率を考慮した給与計算システムは、早期に導入することで、経理の負担を軽くできます。

システムを導入する際に注意すべき課題やポイント・4選

社内

給与計算システムをどのように管理するのか

給与計算システムは、これまでパッケージ版として多く発売されてきました。しかし近年の主流となっているのは、クラウドサービスです。常に情報をアップデートして、軽減税率などの細かな情報にも対応しやすくなります。どちらを選ぶのか、しっかりと比較検討してみてください。

使いやすさはどうか

給与計算システムと一言で言っても、さまざまなソフトが登場しています。現場で使いやすいものを選ばなければ、担当者の負担ばかりが大きくなってしまいます。現場の意見を聞きながら、どんなシステムがあれば使いやすいのか、検討してみてください。

コストパフォーマンスについて

クラウドサービスの給与計算システムを利用する場合、「月会費」や「年会費」といった形で継続的に料金を支払っていくケースが多くあります。便利なサービスを利用する分、コストがかかることも頭に入れておいてください。もちろん会社によってもコストは変わってきますから、こちらも比較ポイントの一つとなります。

自社に合っているかどうか

給与計算システム導入までの課題として、もっとも重要なのが「自社に合うシステムを見つける」ということです。対応人数や使い勝手の良さ、またほかのシステムとの連携など、さまざまなポイントからチェックするようにしてみてください。

広告募集中